『東方年表』

藤島達朗・野上俊静編『東方年表 掌中版』(平楽寺書店 2013年) 入手。

「掌中版」ということで、実際に掌に乗せてみました。(笑)

Facebookで確か東方書店からの情報で、この本が紹介されていました。

帯に書いてあるとおり、西暦と中国、朝鮮、日本の元号の対照表です。

ただただ、シンプルに年表が続いています。そのシンプルさが良いとFacebook上でもコメントがついていました。

皇紀元年、つまり紀元前660年から始まっていて、中国では周の恵王の時代というのがすぐ分かります。

そして、最後は皇紀2680年、つまり2020年、平成32年で終わっています。

平成32年。。。先日、天皇の生前退位(譲位)を定めた特措法が成立したので、もはや訪れることがありませんね。

この本は2013年37刷の版です。これが最新なのかは不明ですが、新元号が発表されたのちには、それを反映した版がきっと出て平成32年の表記は消えるでしょう。

平成32年まで記載されている『東方年表』、今後貴重になる!? ならないか(笑)