もう外字を作らなくてもいいらしい!!

昨日、スマホにインストールしているニュースアプリを見ていますと、地味にすごいニュースが飛び込んで来ました。

日本で用いられるありとあらゆる漢字が国際規格の文字コード(ISO)の中に入ったそうです。

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構) 国際標準推進センターは、「文字情報基盤」として整備してきた日本語の漢字約6万文字について、ISOによる国際規格化が完了したと発表した。

元ネタのIPA(独立行政法人情報処理推進機構)のプレスリリースはこれ。

技術・人材の両面から、ソフトウェア及び情報処理システムの健全な発展を支える戦略的なインフラ機能を提供するプロフェッショナル集団として日本経済の発展に貢献

Unicodeは既に10.0まで進んでるんですね。ISOよりも早く文字コードとして組み入れられ、それらはExtension.EとExtension.Fに入っているそうです。

で、それを表示するにはフォントが必要になります。

中国のサイトでは、「【字海(叶典)】软件下载」でダウンロードできます。、

中国大陸でよく用いられる字体、日本や韓国でよく用いられる字体とかなり豊富にあります。

日本のサイトでは、「花園明朝フォント」がダウンロードできます。

IPAが出している「IPAmj明朝」は来年に発表されるそうですよ。